読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低空飛行

学生。明るく前向きに生きています

上京するので東京ソング集めてみた。

音楽

大学院やめたので12月に上京します。。

遠い場所で人生を一からやり直そうと思っています。

地方民にとって東京は未知の場所なんです。だからすごく心細かったりする。

そんな気持ちをたくさんのミュージシャンたちが歌ってくれています。

東京ソングってすごくいい曲多いんすよね〜

 

 

くるり 東京

言わずと知れたくるりのデビュー曲。もう結成20年らしいっすね。名曲ですね。京都から東京へ。


くるり - 東京 (Quruli - Tokyo) 百鬼夜行ver. - YouTube

 

銀杏BOYZ  東京

失恋ソング。いろんな人が東京で出会い、そして別れていくのです。

峯田最近何してるんすかねえ。


【歌詞付き】 東京 / 銀杏BOYZ - YouTube

 

チャットモンチー 東京ハチミツオーケストラ

徳島出身ガールズバンド。

臭いものには蓋をせよ!ここじゃ通用しないわ母さん!荒れ狂う人と未来どっちに行けば正しいの〜

夢が夢で無くなる東京〜♪

ボーカルのえっちゃんも今や人妻です。

チャットモンチー - MC / 東京ハチミツオーケストラ encore - Budokan [HD] - YouTube


チャットモンチー - 東京ハチミツオーケストラ GG10 LIVE [HD] - YouTube

きのこ帝国 東京

恋の歌 ええ曲やでほんまに


きのこ帝国 - 東京 - YouTube

YUI TOKYO

福岡から東京へ向かう不安な気持ちを歌った曲です


Yui - Tokyo - YouTube

フジファブリック 茜色の夕日

上京ソングではないですが・・東京の空を歌った曲です


フジファブリック「茜色の夕日」富士五湖文化センター - YouTube

坂本龍一のundercooledって曲があまりにカッコよかったので歌詞貼ってく

音楽

 

Undercooled - Acoustica

Undercooled - Acoustica

 

www.dailymotion.com

  

「undercooled」 (作詞:MC SNIPER 作曲:坂本龍一)

空虚な胸には銃声だけが響く
風は悲嘆にくれ、大地は揺れる
オレはまだここにいるのに、キミの姿はない
歌を忘れたカナリアと憂鬱な日々があるだけ
こぼれ落ちるキミの涙は
世の中を冷たく濡らす
人間の欲望をゆれる車輪にのせる
過ぎ去る季節と共に
限界の怒りの中で安らぎの羽を探す
そして俺は
閉ざされた窓を開けた
月光がすべてを溶かすように
色あせた夕陽で肌も信仰も焼いてしまえるように
深い悲しみを花びらに閉じ込めて
香りにして流そう 香りにして流しちゃおう

教えてくれよ、オレに 尊厳も人権も踏みにじられて
オレたちの自由はどこにあるのか、教えてくれ

人権と尊厳と自由のために果てしなく闘った先人達
闘いと論争の歴史に刻まれた戦士たち
血塗られる悲劇 踏みにじられる生と死
おたがいの頭めがけて銃口をむけ合うことが
平和のための方法?
正義をふりかざした政治的な野心は
ただ戦争の傷を深めるだけなのに

忘れたの?
果てしない人間の欲望で作りあげた過去の悲劇を
「テロに屈するな」なんて奴らは言うけど
ふざけるな! 命を犠牲にする戦いに何の価値もないのに
武力で他人の土地を奪うために送られる兵士たち
弾圧と抑圧!
正当化される殺人行為
心の中で叫ぶ歌

教えてくれよ、オレに
尊厳も人権も踏みにじられて、
オレたちの自由はどこにあるのか、教えてくれ

教えてくれよ、オレに もし神様が本当にいるのなら
未来をなくしたものに、
羽をなくした白い鳥の果てない旅がいつ終わるのかを
教えてくれよ、オレに 誰でもが生きられる愛と平和の行方を

自爆テロ」をどうやって防ぐの?
ただテロリストを殺しただけで
どんな幸せが手に入るというの?
飢餓で苦しみ、うなる老婆が運ばれてゆく
不安と危険、恐怖の中で
引きはなされてゆくオレとキミ
心の中で叫ぶ歌  キミの耳まで届くように
国境や壁を突きぬけてキミに届くように

 

イスラム国(ISIS)から逃れてきたヤズィーディー教徒の少女

f:id:blackyamadataro:20150805152146j:plain

シリア反体制派の7歳の少年

f:id:blackyamadataro:20150805152222j:plain

「シリアの女の子にカメラを向けたら…武器だと思って降伏した」心が痛むと同情されていた1枚:らばQ

f:id:blackyamadataro:20150805161213j:plain

 何もかもがめちゃくちゃになってしまったシリア ホムス

f:id:blackyamadataro:20150805152336j:plain

f:id:blackyamadataro:20150805161821j:plain

f:id:blackyamadataro:20150805162556j:plain

f:id:blackyamadataro:20150805162923j:plain

f:id:blackyamadataro:20150805162936j:plain

f:id:blackyamadataro:20150805163132j:plain

iTunesが勧めてきた坂本龍一の曲があまりにも良かったので歌詞をのせちゃいました。

 歌詞引用元

UNDERCOOLED−坂本龍一 - 愛をさがす毎日

 

こっそりと、ホットエントリーデビューを飾る

暑い日が続きますね。

近くの下鴨神社からセミの声が聞こえてきます。

 

昨日人知れず書いたはてな匿名ダイアリーがホットエントリーデビューを果たしていました。

 

コメントがたくさんついてすごく嬉しいです。みなさんどうもありがとう。

こっそりお礼を言っておきます。

嬉しすぎて写メを撮りました。

ではさようなら。

一次試験の結果出る

就活戦線

今日は朝から先月試験を受けた役所の合格発表でした。

結果は無事合格。嬉しい気持ちと同時になんだかほっとした気分。

 

たくさんのエネルギーを一次試験に費やしました。

 

午後からはハローワークで模擬面接を受けてきましたが、これがなかなか辛い。

準備不足がボロボロ出て来ます。ただ、素直に受け止めて本番までにしっかり準備をしたい。

職を得るのは大変です。

特に僕みたいな人間にとっては。


僕は長らくの学生生活に煮詰まってきていて、最近は早く社会に出て自立したいという思いでいます。

ひとりぼっちで誰とも話さず書籍を読んで、論文を書く生活に嫌気がさしてしまいました。
結果的に僕はインターネットにハマり麻薬中毒者のようになってしまいました。
ようやく変わるきっかけをつかみかけています。
なんとか力を出し切って合格したいですね。

毎日を生きるのに必死だと余計なことを考えずに済みます。

孤独と退屈こそ人生でいちばんの敵です。 

社会と接点を持つことでネット依存も次第に治ってきました。

改めて人間は社会的動物であると気付かされます。

 

後回しにしないように、物忘れしないように、しっかりと自己管理をして二次試験に臨もう。


 

二十代の男性が音楽の好みで振り返る半生①

音楽

 

anond.hatelabo.jp

ブコメに俺がたくさんいる!!

このエントリを読んだ後、僕は久しぶりにナンバーガールの音楽をYoutubeで聴いてみた。

たくさんの苦々しい思い出が音楽と共にフラッシュバックした。

大学に入りたての頃、友人がいなかった僕は一人ぼっちで音楽ばかり聴いていた。

一人ぼっちが耐えられなくて、ヘッドホンを付けて爆音で音楽を聴きながら何もない空白を埋めた。僕にとって音楽を聴くことは現実逃避だった。その結果ますます一人ぼっちになった。

あまり良い思い出ではないが、音楽を聴くといつでも過去に戻ることができる。

その当時見ていた風景や感じていた思いが音楽と結びついて鮮明に思い起こされる(ちょっと美化されて)。

今回は昔聴いていた音楽をいくつかピックアップしながら自分の半生を振り返る旅に出たいと思う。誰が興味あんねん

 

小学生時代〜中学時代

僕がはじめて買った  CDはオレンジレンジの花である。沖縄出身のミクスチャーバンド、オレンジレンジは若者たちから絶大な支持を得ていた。まだ音楽産業が機能していた時代のこと。友達に影響されて近所の本屋さんで買ったことを覚えている。


花 ORANGE RANGE - YouTube

中学生になった僕はMDコンポを買った。その頃はiTunesやダウンロードの音楽サービスは今ほど発達していなかったのではないかと思う。まだオリコンチャートに権威があった時代、TSUTAYAからJpopアーティストのCDを借りてきてはMDにダビングしていた。こう考えてみると、ここ数年、音楽市場の変化はすさまじい。

 

中学生時代に個人的にブームだったのは木村カエラだった。

特にモード学園のこのCMが好きだった。

名古屋モード学園 CM - YouTube

モデル出身のキュートなルックスにロック好きというギャップがたまらなかった。昔はホント可愛かった。

我が家にはパソコンが一台しかなかったので、夜中にこっそり居間に行って木村カエラのラジオを聴いていたことを思い出す。

彼女は、くるり岸田繁ナンバーガール田渕ひさ子から楽曲の提供を受けていたので、その辺も後の音楽の好みに影響を与えたのかもしれない。

 木村カエラは昔インタビューで、恋愛の歌詞なんて書かない!と威勢の良いことを言っていたのだが、途中から作風がどんどん変わっていき、彼女の最大のヒット曲はバタフライというウエディングソングになったというのがなんとも皮肉である。

そして映画の撮影で知り合った瑛太とさっさと結婚してしまった。

 

14歳の僕を魅了した木村カエラさん


木村カエラ「happiness!!!」 - YouTube

 

 

 

 

 

就活を通じて得た僕がADHDであるという確信

ADHD

公務員試験を終えて、民間就活をするうちに、改めて自分はADHDではないかという疑いを持つようになった。

病院で診察を受けたわけではないけれど、今まで、僕は妙な生きづらさを感じながら生活してきた。そして就活を迎えた。

 

人と浅い関係しか築けずに刹那的な付き合いばかりでなかなか友人ができない、締め切りを守れない、よく忘れ物をする、集中力が持たない、妙なことが気になって相手が話している内容が入ってこないなど、小学生の頃からの癖が就活というフィルターを通してはっきりと可視化されるようになった。

この動画俺のことじゃんw

痛いほどこいつの気持ちわかって涙でてきたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

切ねえww


#2 成人期「ADHDの正しい理解のために」 - YouTube

どうやら自分のような大学生は結構いるみたいだ。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

大学まではADHDの人間でもなんとか生きていけるのだ。だからバレにくい。

しかし社会人になるとそうはいかない。

学生なら自分の失敗は自分の責任で済むが、社会人だと自分のやったことで多くの人に迷惑をかけるかもしれないからだ。

就活で、僕のような人間がふるいにかけられるのはある程度仕方ないのかもしれない。

仮に運良く向かない仕事にありつけたとしても細かいミスの積み重ねが周囲の信頼を損ね、人間関係に影響する。

自分の経験から言ってそれが大きなストレス、やがては鬱に結びつくだろう。

だからこそ慎重に自分に向いた仕事を選ばなくてはいけないと思う。

 

ネットサーフィンの果てにADHDの存在を知り、様々なブログやwebページに目を通した。相談できる相手もおらず、ずっと一人ぼっちで悩み続けてきたんだけど、ようやく自分の感じていた生きづらさの正体を見つけた。今はとても気分がいい。

このことに対して僕は悲観していない。

人にはそれぞれ向き不向きがあって、こればっかりは仕方がない。自分に合うような生き方を見つければいいだけの話である。

むしろこのまま無理やり周囲に合わせて生きることは不幸である。

自分の個性として受け入れたい。

インターネットがなかったら僕は・・・今もずっと世間一般の物差しで自分を測って苦しみ続けていたに違いない。

 

参考になった記事など

apital.asahi.com

 

utukisiki.blog.fc2.com

nanaio.hatenablog.com

所長 改 部長のblog: ADHD児の苦悩

 

 

 

 

 

 

はじめて面接にいってきた結果

就活戦線

はい。今日は大阪に行ってはじめて面接してきました。

公務員志望だったので、勉強をしていて、民間の面接対策を全然できてないままに、本番に行ってしまいました

 

IT系の会社です。詳しくは書きませんが、タワービルの上にある小綺麗なオフィスで、綺麗なところに会社がありました。

代表は40代、うわあITっぽいギラギラしたひとだなあと思いました。

色黒な社長はサーフインが趣味だそうで、どこかでみたAV男優に似ていました。

他の営業の社員も短髪で髪をカッチリ固めて、AV男優みたいなひとが多い職場だなあと思いました。

で、いろいろと話を聞いて選考を受けました。

面接で他の女の子が呪文のように自己ピーアールを唱えます。

正直おみごと、の一言。

就活も終盤に差し掛かっているようで、面接を数多くこなしてきたであろう彼女は絶対受かっていると思います。

とても勉強になりました。こういう面接慣れしているひとの面接を見ることができたことは非常に有益でした。

今後僕も風呂場で練習しようと思います。

面接中の僕は、ところどころつっかえつっかえ、まるで溺れ掛けの金魚のような無様な姿をしていました。

心の底から、あーあ俺って情けない奴だなあと思いました。

でも、僕みたいな人もやっぱりいました。

この人も就活苦労するだろうなあ、と心の中で思いました。

 

面接が終わると学生たちは大きな部屋に集められます。

そして、面接の合格者の番号が発表されます。

僕の番号はありませんでした。

 

めちゃくちゃ話しかけてくる隣の鬱陶しい男は、受かっていました。

これをコミュ力っていうのかなあ?

番号を呼ばれた人だけ残ってください。

人事の女性の言葉が部屋に響きます。

 

そうです、落ちた人は、帰らなければなりません。

エレベーターに群がる何十人もの落伍者の群れ。

お疲れ様でしたと礼をする社員のおねえさん。

みんな下を向いていました。話す人は誰もいません。

そして惨めな気持ちがこみ上げてきました。

選ばれないということは惨めです。敗者は惨めです。言葉に表せないくらい。

ぼくの準備不足とはいえ、悔しい気持ちがこみ上げてきました。

 

そうか、この惨めな気持ちを味わいたくないからみんながんばるんだなあ。

そうだよ。社会に出れば僕たちはみんなシビアに上下を付けられ、誰かに評価されるんだ。

だから、生き残るために戦わなければならない。

就活は戦争だ、と思いました。

生きることは戦いだという、ありがちなフレーズが脳裏をよぎりました。

 

選考に落ちてしまいましたが、自分の考えの甘さを思い知らされただけで勉強になりました。収穫はこれです。

 阪急梅田駅でたくさんのスーツ姿の学生を見ました。

僕だけじゃなくてみんな戦っているんです。

どんなに内定が出るのが遅くなっても諦めずに頑張ろう、と心に誓いました。

 

そして、説明会でもらったパンフレットと名札をビリビリに破り、ゴミ箱に放り投げました。

 

家に帰ると、他の会社から小論文が合格していたので面接に来て欲しいとのメール。

よし、次だ。

たくさんのサラリーマンが乗っている阪急電車に揺られて僕は、京都へ戻りました。